音声コード半円あけ画像

半円あけ仕様

No.3
おすすめ度
製本の難易度
単価設定
営業拡充度

半円あいた本が増えてますが、どんな意味があるの?

最近よくみかける半円があいている本。
とくに役所や町会で配られるごみ回収カレンダーなど。
ここ1年くらいでやたらと増えたイメージです。

半円あける意味とは?

本の下側の小口側(本をめくる方です)に約2センチ四方のコードが
ついています。
正確にはSPコード(廣済堂商標)、一般的には
音声コードと呼ばれています。

半円は聴覚障害を持った方や日本語漢字が読めない方などに
「ここに音声コードがありますよ」と示すためについてます。

専用の機材や携帯電話、アプリなどをかざすと
読み取って本の中を音声で読み上げます。

半円は1つ?2つ?

1穴は表紙側のみ2穴は表紙の裏側にも音声コードが付いてます。
という意味です。

製本の加工に関しては2か所半円を1回の加工でやることは不可能です。
というのも半円はいわゆる孔穴機であけますが、
本をおさえるための機材が邪魔してしまい、穴同士にピッチの
狭いために1つづつあけるわけです。

半円を同じ大きさにあけることは難しい

もともと穴をあけるには本をしっかり固定して
同じ位置に穴をあけることができるのですが、
半円となると、本をめくる側を上から押さえることが
できません。

この仕様に関する問い合わせはこちら

よって固定する材料を細工しますが、
作業はすべて人間の手によるものですので、
本を固定する力加減によって1ミリ程度狂うことが
あるのです。


複雑で高度な製本技術が必要なランキング


おすすめ記事